四十肩・五十肩について


四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と言います。
肩凝りは「慢性的な肩周辺の筋肉のコリや疲労がある状態」であり、四十肩・五十肩は「肩周辺の軟骨や腱、筋肉などに炎症が起きている状態」です。


痛みがあるため、肩を動かさないでいると、肩周辺の筋肉や滑液包などの組織が硬くなってしまい、可動性を低下させてしまいます。

痛みが落ち着き、肩の動かしにくさや可動域が問題になっている時期は炎症が起きていない状態のため、積極的に動かしていく必要があります。


しかし、上記したように肩周辺の組織が固まってしまっているために思ったように動かせなくなってしまっています。
また、肩の動きが悪くなったことで体の他の部位にも影響を与えてしまっていることが多いです。特に肩関節に近い胸郭や首周辺の筋肉が硬くなってしまっているケースが多いです。


そのため、当院での四十肩五十肩に対しての施術は肩関節に対しての施術だけでなく、胸郭や首など他の部位にも施術をさせて頂き、身体の癖を取り除き、根本からの改善を目指します!

また四十肩・五十肩は腸の状態とも関係あると言われています。
腸の動きが悪かったり、腸の周りの組織が硬くなっていると、腹筋や腰の周りの筋肉が硬くなることで、肩周辺の筋肉が動かしにくくなり、肩の負担を大きくしていることがあります。

そのため、当院では施術だけではなく腸の状態を整えるために必要な生活習慣などもご希望の方にはお伝えしています!

当院の四十肩・五十肩に対しての施術は、手技による施術で身体の外側の状態を整え、生活習慣の改善を行い身体の内側の状態を整え、根本的な改善を目指します!