顎関節症について

健康に関する情報

こんにちは。守谷市唯一のリハビリ整体 リハビリルーム若成塾の小川滉貴です。

顎関節症って聞いたことありますか?顎関節症は顎だけの問題ではなく、実は体の様々の部位が関係してきているんです!

顎関節症ってなに?

顎関節症は顎の関節が上手く動かなかったり、食べ物をかむ際に痛みがでたりする症状がある時に疑いがあります。また、軽度の顎関節症の場合、口を開けるときに、「カク」と音がなる程度の場合もあります。軽度の方も含めると、日本人の半数近くの方が顎関節症であるとも言われています。

特に若い女性に多い症状だといわれています。

何故顎関節症になるの?

顎関節症になる原因は、姿勢の悪さやストレスなど様々ですが、最近顎を休めるよりも顎周りの筋肉や関節をストレッチをしたり、動かしたりするほうがより効果的との報告も沢山挙がってきています!

顎関節は、耳の穴のやや前方にあり、頭蓋骨に筋肉や靭帯によってぶら下がっている状態です。この顎関節の負担が過剰に増えたり、歪んだりしてくると、顎関節症の症状が出てきます。

顎関節症にはどんな原因があるの?

顎関節症になる原因ってどんなものがあるのでしょうか?

①ブラキシズム

専門的な言葉ではありますが、「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などのことをブラキシズムといいます!筋肉が過剰に緊張することで顎関節にかなりの負担を与えます。顎関節症の原因で最も大きな原因といわれています。ブラキシズムの原因としては、ストレス等によって過剰に交感神経が優位になり、安静にしているにも関わらず筋肉が緊張してしまうことが考えられます。

②噛み癖

左右どちらか一方のみで噛む癖がある場合、片側のみの負担が増えてしまい、顎関節にかかる負担が増えてしまいます。最近では、姿勢が噛み癖に影響しているとの報告のあります。

③生活習慣

あごの下に電話をはさむ、猫背、片方の歯のみで噛む、爪を噛む、管楽器を吹くといった生活習慣が日常で行われ続けることで顎関節への負担が大きくなり、顎関節症を発症しやすくなると言われています。

顎関節症になってしまった場合どうすれば良いの?

顎関節症になった場合、まずは近くの専門家に相談することをお勧めします。そこで専門的なアドバイスを受けましょう。

顎関節症の方に対して当院での施術の流れは

①骨格の調整

顎関節周辺だけでなく、全身の骨格の歪みが顎関節の負担を増やしてしまっている可能性が高いです。例えば、足の歪みが影響して顎関節の負担を増やしてしまっている可能性があります。この場合、顎関節に対して、施術をするよりも、足に対して施術を行ったほうが効果的になります。

当院では専門的な身体評価を行い、なぜ顎関節に歪みが生じてしまっているのかを評価し、適切な施術を行わせて頂いております。

②セルフケア指導

生活習慣から歪みが生じてしまっている場合、自宅や勤務先でケアを行う必要があります。顎関節が歪んでしまっている原因を専門的に評価し、個人個人にあったケアプログラムをお伝えさせて頂きます。

③インソールの処方

日常生活のなかで一番身体の歪みを整えることが出来るとされているのが、インソールです。足の歪みは全身のゆがみであり、全身の歪みは足を歪ませます。そのため、個人個人の歪みにあったオーダーインソールを処方させて頂きます。

インソールページはコチラ