守谷市近隣で頚椎症でお悩みの方はリハビリルーム若成塾へ

健康

こんにちは。守谷市唯一のリハビリ整体 リハビリルーム若成塾の小川滉貴です。

頚椎症ってご存じでしょうか?指先の痺れや、首の動かしにくさがある方は、頚椎症の可能性があります。

頸椎症ってなに?

首は、頚椎と呼ばれる7つの椎骨によって構成されています。
加齢による椎間板の変性や過度のストレスによって靭帯が厚く硬くなることにより、頚部周辺の痛みなどの症状が発現したものをまとめて、頚椎症と呼んでいます。

頸椎症は、起きている症状によって頚椎症性神経根症頚椎症性脊髄症に分けられるんです。

頚椎症性神経根症では、椎間孔の狭窄が生じ、神経根が圧迫され、主に片側に痛みや痺れが生じる症状です。

頚椎症性脊髄症では、先述の症状に加え、手先の細かい動作や歩行など動作がぎこちなくなる場合もあります。症状の多くは両側に生じます。

さらに、症状が進むと、排泄の機能が障害されることもあります。

頸椎症の主な症状

頚椎症性神経根症

①頚部の痛み

首の後ろの部分に痛みが出ることが多いです。また、首を後ろにそらしたときや重い荷物を持ったときに、痛みが出ることが多くなっています。

②しびれ感・感覚異常

「左右どちらかの腕から手」にしびれや脱力を伴います。頚椎症性神経根症の特徴は片側のみに症状が出現することです。

③手の感覚障害

首から手指にかけて感覚の障害が現れ、刺激を正常に感知できない状態になります。こちらも片側だけが出現することが多くなっています。

 

頚椎症性脊髄症

①頚部の痛み

②痺れ感、感覚異常

③手脚の感覚障害

①~③までは頚椎症性神経根症に近い症状が出現します。神経根症とのちがいは、片側ではなく、両側に出現するということです。

④手先の細かい作業が不自由になる

ボタン掛けや、お箸の使用、字を書くことなどが指先で行う巧緻的な動作が困難になります。

⑤歩行障害

神経の圧迫によって、足の筋力も低下し、歩いている最中の足の出しにくさや、立っているときの足の踏ん張りにくさなど足の症状も多く出現することがあります。

⑥膀胱直腸障害

排泄の機能が障害される場合もあります。

頸椎症になってしまったどうすれば良いの?

当院の頸椎症のリハビリの流れ

①骨格の調整

頸椎周辺だけでなく、全身の骨格の歪みが頸椎の歪みが強まっている可能性が高いです。例えば、足の歪みが影響して頸椎の歪みを増強させている可能性があります。この場合、頸椎に対して、施術をするよりも、足に対して施術を行ったほうが効果的になります。

当院では専門的な身体評価を行い、なぜ頸椎に歪みが生じてしまっているのかを評価し、適切な施術を行わせて頂いております。

②セルフケア指導

生活習慣から歪みが生じてしまっている場合、自宅や勤務先でケアを行う必要があります。頸椎が歪んでしまっている原因を専門的に評価し、個人個人にあったケアプログラムをお伝えさせて頂きます。

③インソールの処方

日常生活のなかで一番身体の歪みを整えることが出来るとされているのが、インソールです。足の歪みは全身のゆがみであり、全身の歪みは足を歪ませます。そのため、個人個人の歪みにあったオーダーインソールを処方させて頂きます。

コメント