坐骨神経痛の相談を多く受けます

健康

守谷市唯一のリハビリ整体 リハビリルーム若成塾の小川滉貴です。

前回の変形性膝関節症同様に最近「坐骨神経痛」の相談も多く受けています。

坐骨神経痛についてしっかり知って痺れのでない体を作りましょう。

坐骨神経痛ってなに?

神経痛は、何らかの原因によって神経が圧迫されることで生じる痛みのことです。なかでも、神経痛の多くが、坐骨神経痛です。

坐骨神経は、おしりや太ももの筋肉の間を通って、足のほうまで伸びています。坐骨神経痛になると、腰やおしりや太ももの後ろ、ふくらはぎ、すねなどに痺れや痛みが生じて、ひどい場合は感覚障害や運動麻痺が現れることもあります。また、歩行障害など、多くの日常生活動作(ADL)を困難にさせる場合があります。

何故坐骨神経痛が起こるの?

坐骨神経痛が起こる主な原因は、2つあります。

1つ目が腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症の場合は、腰を後ろに反らした際に腰や足に痺れや痛みがでます。この場合腰部脊柱管狭窄症原因由来の坐骨神経痛です。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の場合、加齢による脊柱の変形が多いです。50歳以上の人に多く見られています。背骨の中心部分である脊柱管が変形して、脊柱管の内部の神経が圧迫されることで、痛みが出現します。

2つ目が腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアの場合、前かがみになると痛みが出る場合は腰椎椎間板ヘルニアです。この場合、腰椎椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛になります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの場合、長時間のデスクワークや前かがみが多い仕事をやられている方に多くみられています。脊骨は小さな骨が重なりあって出来ています。背骨の間にあるクッションの役割を果たしているのが椎間板です。背骨、椎間板に対してストレスが多くかかることで、椎間板の一部が後方に飛び出し、それが神経を圧迫することで、下肢に痛みやしびれなどの症状を起こします。

坐骨神経痛の最大の原因「猫背」

坐骨神経痛の方の多くが「猫背」です。

本来は横から見たとき、背骨が自然なS字状カーブを保っている状態が理想的な姿勢です。

猫背の場合、S字カーブが崩れ、腰椎と椎間板の負担が増えます。また、腰部脊柱管狭窄症の方の場合はかえって反らしすぎの場合もあります。正しい姿勢を意識することが最大の予防になります!

おしりの筋トレとストレッチが大切!

坐骨神経痛の方の多くの場合、お尻周辺の筋肉が硬く、筋力も弱い傾向があります。お尻まわりの筋肉をほぐしたり、おしり周りの筋肉のトレーニングを行うことで症状が緩和される場合もあります。

専門家の方に相談し、適切なアドバイスを受けましょう!

当院ではLINE@にて坐骨神経の無料相談を行っております。

坐骨神経痛でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。

LINE@はこちらから

コメント