変形性膝関節症ってなに?

健康

守谷市唯一のリハビリ整体 リハビリルーム若成塾の小川滉貴です!

膝の痛みや膝の曲がりが悪くなったとの相談を沢山受けます。皆さんは「変形性膝関節症」についてご存じですか?

変形性膝関節症ってなに?

まず、変形性関節症とは、関節の中にある軟骨がすり減り、変形した結果、骨と骨がこすれ、炎症や痛み、こわばりなどが起きている状態です膝関節、脊柱、股関節に多く見られています。
特に一番多くみられているのが「変形性膝関節症」です!

日本では診断のついていない方を含めると2530万人の患者さんがいると推計されています。6人に1人は変形性膝関節という推計になります!症男性に比べ女性に多くみられます。

例えば、変形性股関節症の方が、変形性膝関節症を伴っていることもあります!

何故変形するの?

膝関節は体全体から比較すると小さな関節です。しかし、大きな可動性を持っているためにかなり負担が多い関節になっています。関節に対して負荷がかかり過ぎないように、つるつるしている関節軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉がサポートして衝撃を緩和しています。

しかし、加齢によって骨の新陳代謝が低下してしまったり、体重の増加や生活習慣によって軟骨へのストレスが増えすりへったり、変形します。その結果として膝関節痛が起きてきます。

軟骨へのストレスとは様々であり、冷え症、肥満による負荷の増大、怪我、生活習慣による膝への負担、股関節膝関節周辺の筋力の低下などが挙げられます。特に大腿四頭筋やハムストリングスの筋力が低下している方に多くみられている印象があります。また、近年体幹部の筋力も関係していると言われています。

変形性膝関節症は放っておくと怖い?

変形初期は軽度の痛みや、軽度の動かしにくさ程度しか感じません。

しかし、その状態を放置してしまうと、痛みや動かしにくさが増大して、歩く、座る、立ち上がるといった日常生活動作(ADL)に支障が出始め、徐々に生活に制限がかかってしまいます。なかには介護が必要となる場合もあります。
変形初期であれば、適切な対応を行うことで、「痛み」や動きにくさを和らげることができます。我慢せずに、まずは専門家に相談することをおすすめします。

膝痛が起こってしまった場合どうすれば良いの?

まずは専門家への相談をおすすめします。

病院にて薬を処方して頂いたり、整体にて体を調整するなどは沢山あります。しかし、痛みが増悪しない、変形を進行させない、痛みがでにくい体を作ることがとても大切です。

変形性膝関節症の予防方法

①しっかりとした歩き方で歩く

しっかりとした歩き方を意識するだけで、変形性膝関節症を予防することが出来ます!背筋を伸ばし、踵から足をつくようにすることで大腿四頭筋とが鍛えられます。

②足全体の筋力トレーニングを行う

上記したハムストリングスと大腿四頭筋が膝の変形には特に関与しています。しかし、足全体の筋力の改善を図っていく必要があります。

当院では無料にて足の筋力トレーニングをお伝えしています。理学療法士が個人個人にあった専門的な運動を処方させて頂きます。

こちらをクリック

こちらから相談して頂くと、個人にあったトレーニング方法を動画にて伝えさせて頂きます。

コメント

  1. […] 前回の変形性膝関節症同様に最近「坐骨神経痛」の相談も多く受けています。 […]