寝違えについて

Uncategorized

寝違えるって何なの?

寝違えとは、寝ている最中に首や肩に過剰に負担がかかってしまうことで、朝起きた時に、首から肩にかけて痛みを生じているものです。

別名 「急性疼痛性頚部拘縮」とも呼ばれてます。

珍しい症状ではなく、多くの方がが経験したことがあると思います。

症状は数時間で改善する痛みから、数日にわたり首が動かせないくらいの痛みを生じるものも あり、人によってさまざまです。

寝違えの多くは椎間関節や腋窩神経の障害と考えられていますが、なかには頚椎椎間板ヘルニアなどが原因となる場合もございます。

何故寝違えると痛みが出るの?

寝違えてしまい、病院に行き、レントゲンやCTなどを撮影しても異常がみられないケースがほとんどです。痛みが生じる原因は明確には解明されていません。

しかし、寝ている最中に、長い時間無理な姿勢でいることで腋窩神経が圧迫されてしまったり、神経の伝導が阻害されたり、腋窩の動脈が圧迫され、血行が悪くなることで、痛みや痺れがでることが原因ではないかともいわれています。

寝違えが起こる原因

寝違えの原因としては様々な要因がございます。

枕や布団が自分の体に合わず、上手く寝返りを打てないことや、過度の疲れやストレスによって交感神経が優位となって筋肉をこわばらせ寝返りを打たせなくしてしまうなど様々挙げられます。

対処方法

まず寝違えが起こらないように予防することが大切です。

枕の高さを調整したり、深く沈み込みすぎない布団にするなど行う必要があります!

また、睡眠前にスマホを使用しすぎたり、パソコンなどを使用することで交感神経が優位になってしまい、睡眠中に筋肉のこわばりを原因にもなってしまいます。

下資料に良質な睡眠を作るために6ステップを貼りますので是非ご覧ください!

良質な睡眠を作る6ステップ

腋窩神経と腋窩動脈周辺を揉め!

上記したように姿勢が原因となって腋窩神経や腋窩動脈が圧迫されることが主な原因に挙げられます。

そのため、寝違えてしまった場合は、脇のしっかりと揉み、血流を良くしてあげることで痛みや痺れに変化がでることが多々あります。

 

脇のしたを揉んでも変化しない場合は是非当院にご相談ください。

当院に来店された場合、施術を行い、腋窩神経の圧迫を開放して神経の伝導を変化させたり、腋窩動脈周辺の筋肉を柔らかくして血行を変化させ、痛みや痺れの解決に導きます!

また、効果的な自分でできる脇のしたの揉み方をお伝えいたし、次に寝違えてしまっても自分でケアできるように指導いたします。

是非ご相談ください。

コメント